看看踊(り)(読み)カンカンオドリ

精選版 日本国語大辞典の解説

かんかん‐おどり ‥をどり【看看踊】

〘名〙 (「かんかんのう云々」といって踊ったところから生じた呼び名。中国の清楽(しんがく)の、看看兮(かんかんええ)とうたいはじめる九連環から出たものという) 江戸時代、長崎から流行した中国風の踊り。文政三年(一八二〇)ごろ、大坂堀江の荒木座で、長崎の人が中国人の衣装をつけ、鉄鼓、胡弓、蛇皮線、太鼓などの伴奏に合わせて興行してから大流行し、文政五年二月には禁止令が出たほどであったが、明治時代まで存続した。唐人踊。かんかん。看看兮(かんかんのう)
※洒落本・青楼快談玉野語言(1822)発端「長崎看々踊(クヮンクヮンオドリ)でおいとまとしやせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android