コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真っ赤 マッカ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐か【真っ赤】

[名・形動]
非常に赤いこと。充血して赤いこと。また、そのさま。「真っ赤な花」「西の空が真っ赤だ」「真っ赤になって怒る」「目を真っ赤にする」
全くそうであるさま。まるっきり。「真っ赤なにせ物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まっか【真っ赤】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
きわめて赤い・こと(さま)。 「 -な太陽」 「顔を-にして怒る」
まぎれもないさま。まるっきり。 「 -なうそ」 「 -なにせもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真っ赤の関連キーワードハワイ火山国立公園梨子割り・梨子割顔から火が出るザ・フラッシュ夕張まっ母さん火の出るよう迦葉山天狗面アカオニグモ満面朱を注ぐ石見岡光刃物おばけの金太満面朱を濺ぐけいまふり越のルビー真っ赤っ赤空嘘・空噓チーバくんまっかん蟹火のよう岩谷松平

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真っ赤の関連情報