小豆色(読み)あずきいろ

色名がわかる辞典の解説

あずきいろ【小豆色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、小豆の実の色をさし、暗いくすんだ赤。小豆は「赤小豆」とも書き、もち米と一緒に炊いたご飯を赤飯というように、赤に近い印象がある。一方、小豆を用いた羊羹ようかんなどは茶色がかっているため、イメージには幅がある。小豆は中国から伝わったとされ、古くから知られていたが色名になったのは江戸時代

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あずきいろ【小豆色】

あずきの種子の色に似たくすんだ黄みの赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あずき‐いろ あづき‥【小豆色】

〘名〙 黒みを帯びた赤紫色。小豆の実のような色。
※浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)五「黒紬の小豆色(アヅキイロ)、絵師共見ゆる山水な医者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆色の関連情報