コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小豆色 あずきいろ

色名がわかる辞典の解説

あずきいろ【小豆色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、小豆の実の色をさし、暗いくすんだ赤。小豆は「赤小豆」とも書き、もち米と一緒に炊いたご飯を赤飯というように、赤に近い印象がある。一方、小豆を用いた羊羹ようかんなどは茶色がかっているため、イメージには幅がある。小豆は中国から伝わったとされ、古くから知られていたが色名になったのは江戸時代

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あずき‐いろ〔あづき‐〕【小豆色】

小豆の色に似た暗赤色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あずきいろ【小豆色】

あずきの種子の色に似たくすんだ黄みの赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小豆色の関連キーワードルビー蝋虫・ルビー蠟虫もちとうもろこしキンセンガニ手足口病200形小豆鼠もち米(ごめ)小豆革赤色種子柄長黄み

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆色の関連情報