コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真直度 しんちょくどdeviation from straightness

世界大百科事典 第2版の解説

しんちょくど【真直度 deviation from straightness】

真直度とは対象とする直線形体の幾何学的に正しい直線からの狂いの大きさをいう。直線形体を細かく見ると,一次元的な1方向への狂いばかりでなく,三次元的な狂いをもっている(図1)。いま1方向だけの狂いをもつ直線形体について考えると,その直線形体の占める領域が最小となるように,平行な二つの幾何学的に正しい直線で挟んだときの2直線の間隔で狂いの大きさを表す(図2)。三次元的な変動を示す直線形体では,その直線形体を円筒で包み,もっとも径の小さい円筒の直径で真直度を表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の真直度の言及

【機械製図】より

…この規格は,品物の形状を構成する点,線,軸線,面などの形体が,幾何学的に正確な形から狂ってもよい領域を定め,これを記号を用いて図示する方法を示したもので,この領域を幾何学的公差域,その値を幾何学的公差という。例えば真直度とは,機能上直線であるように指定された部分が,幾何学的に正確な直線から狂っている大きさを示す,と定義づけられており,平面度,真円度などについても,これに準じて定義づけられ,その記入法がそれぞれ定められている。【大西 清】。…

※「真直度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真直度の関連キーワードリーマー平削り盤平面度研削

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android