コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真葛・実葛 さねかずら

大辞林 第三版の解説

さねかずら【真葛・実葛】

[3] ( 名 )
マツブサ科のつる性常緑低木。山地に生え、また庭木や盆栽とされる。樹皮の粘液を整髪に用いたことから美男葛びなんかずらの別名がある。葉は長楕円形で、光沢がある。夏、葉腋に黄白色の小花をつける。果実は球状の小液果で、赤く熟す。古名サナカズラ。 [季] 秋。
( 枕詞 )
さなかずら 」に同じ。「いや遠長く」「後のちもあふ」にかかる。 「 -後も逢はむと/万葉集 207

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android