コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五味子 ゴミシ

デジタル大辞泉の解説

ごみ‐し【五味子】

チョウセンゴミシの果実。甘味・酸味・辛味・苦味・塩味があるという。漢方で鎮咳(ちんがい)・強壮薬などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごみし【五味子】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マツブサ科チョウセンゴミシの完熟果実を乾燥したもの。5つの味があることが名の由来。滋養強壮鎮咳(ちんがい)などの作用がある。食欲不振、疲労倦怠(けんたい)に効く清暑益気湯(せいしょえっきとう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)虚弱体質胃腸炎貧血に効く人参養栄湯(にんじんようえいとう)などに含まれる。果実を浸けた五味子酒は疲労回復に効く。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごみし【五味子】

チョウセンゴミシの成熟した果実を乾燥させた生薬。五味があるということからこの名がある。滋養強壮・気管支炎・喘息ぜんそくなどに用いる。サネカズラの果実を代用することもある。
チョウセンゴミシの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五味子
ごみし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五味子の関連キーワード苓甘姜味辛夏仁湯マツブサ科サネカズラ朝鮮五味子小青竜湯薬用酒

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五味子の関連情報