コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真葛/実葛 サナカズラ

デジタル大辞泉の解説

さな‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛】

[名]サネカズラのこと。
「―の根を舂(つ)き、其の汁の滑(なめ)を取りて」〈・中〉
[枕]葛はつるが分かれたのち先でまたあうところから、「のちもあふ」にかかる。
「―後も逢はむと」〈・三二八〇〉

さね‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛】

[名]モクレン科の蔓性(つるせい)の常緑低木。暖地の山野に自生。葉は楕円形で先がとがり、つやがある。雌雄異株で、夏、黄白色の花をつけ、実は熟すと赤くなる。樹液で髪を整えたので、美男葛(びなんかずら)ともいう。さなかずら。 秋》
[枕]さなかずら」に同じ。
「―後(のち)も逢はむと」〈・二〇七〉

ま‐くず【真葛】

美称
「―延(は)ふ夏野の繁くかく恋ひばまこと我が命常ならめやも」〈・一九八五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さなかずら【真葛】

( 名 )
サネカズラの古名。 「 -の根を舂き、其の汁の滑なめを取りて/古事記 中訓
( 枕詞 )
つるが伸びて、一度分かれてもまた交差することから、「後のちもあふ」にかかる。 「 -後も逢はむと/万葉集 3280

まくず【真葛】

〔「ま」は接頭語〕
植物クズの美称。 [季] 秋。 「 -延ふ夏野/万葉集 1985

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真葛 (サナカズラ)

植物。サネカズラ・カミエビの別称

真葛 (サネカズラ・サナカズラ)

学名:Kadsura japonica
植物。マツブサ科の常緑つる性植物,園芸植物,薬用植物

真葛 (マクズ)

植物。マメ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物。クズの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

真葛/実葛の関連キーワード露の五郎兵衛富士崎 放江水谷 不倒大田垣蓮月富士崎放江柳瀬 留治鈴木保兵衛緑庵松俊工藤平助真葛長造宮川香山井口重基只野真葛池玉瀾真葛原万葉集乳貰い楽長造狛近真真葛焼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android