コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真葛/実葛 サナカズラ

5件 の用語解説(真葛/実葛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さな‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛】

[名]サネカズラのこと。
「―の根を舂(つ)き、其の汁の滑(なめ)を取りて」〈・中〉
[枕]葛はつるが分かれたのち先でまたあうところから、「のちもあふ」にかかる。
「―後も逢はむと」〈・三二八〇〉

さね‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛】

[名]モクレン科の蔓性(つるせい)の常緑低木。暖地の山野に自生。葉は楕円形で先がとがり、つやがある。雌雄異株で、夏、黄白色の花をつけ、実は熟すと赤くなる。樹液で髪を整えたので、美男葛(びなんかずら)ともいう。さなかずら。 秋》
[枕]さなかずら」に同じ。
「―後(のち)も逢はむと」〈・二〇七〉

ま‐くず【真葛】

の美称。
「―延(は)ふ夏野の繁くかく恋ひばまこと我が命常ならめやも」〈・一九八五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さなかずら【真葛】

( 名 )
サネカズラの古名。 「 -の根を舂き、其の汁の滑なめを取りて/古事記 中訓
( 枕詞 )
つるが伸びて、一度分かれてもまた交差することから、「後のちもあふ」にかかる。 「 -後も逢はむと/万葉集 3280

まくず【真葛】

〔「ま」は接頭語〕
植物クズの美称。 [季] 秋。 「 -延ふ夏野/万葉集 1985

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真葛/実葛の関連キーワード郁子木蔦白木蓮朝鮮五味子蔓性難波薔薇蔓蟻通蔓胡頽子蔓黄楊藤蔓擬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone