真麻(読み)サオ

デジタル大辞泉の解説

さ‐お〔‐を〕【麻】

《「さ」は接頭語》あさ。麻糸
「麻衣(あさぎぬ)に青衿(あをくび)着けひた―を裳(も)には織り着て」〈・一八〇七〉

ま‐お〔‐を〕【真麻/真×苧/苧麻】

カラムシの別名。また、その茎の繊維から製した糸。

ま‐そ【真麻】

麻の美称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さお【真麻】

〔「さ」は接頭語〕
アサの別名。麻。 「麻衣に青衿着けひた-を裳には織り着て/万葉集 1807

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐そ【真麻】

〘名〙 (「ま」は接頭語) 麻の美称。
※北岡本夫木(1310頃)七「榊葉にまその白ゆふひきかけて今日はあるしの山かづらせよ〈公朝〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真麻の関連情報