コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苧/枲/苧麻 カラムシ

デジタル大辞泉の解説

から‐むし【×苧/×枲/苧麻】

イラクサ科の多年草。原野にみられ、高さ1~2メートル。茎は木質。葉は広卵形で先がとがり、裏面が白い。夏、淡緑色の小花を穂状につける。茎から繊維をとって織物にする。真(まお)。ちょま。 夏》

むし【×苧/枲麻】

植物カラムシのこと。
「七夕に今日やかすらむ野辺ごとに乱れ織るなる―の衣も」〈右京大夫集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苧 (カラムシ)

植物。クワ科の一年草,薬用植物。アサの別称

苧 (カラムシ・オ;ムシ)

学名:Boehmeria nivea
植物。イラクサ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の苧/枲/苧麻の言及

【タイマ(大麻)】より

…繊維は織物,ロープ,漁網などに使う。アサ(タイマ)を古くは〈苧(お)〉と呼んだが,皮をはいだ茎は苧殻(麻幹)(おがら)と呼び,お盆の迎え火,送り火をたくのに用い,供物に添える苧殻ばし(箸)とする。種子は苧実(おのみ)すなわち麻実で,薬味として使い,七味唐辛子に入れられている。…

※「苧/枲/苧麻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

苧/枲/苧麻の関連キーワード姑の前の見せ麻小笥新潟県十日町市犬伏蔵田五郎左衛門虫の垂れ衣・帔餓鬼に苧殻和や・柔や能可々美山岡頭巾強盗頭巾河口静斎鷹匠頭巾麻幹頭巾苧屑頭巾乃加々牟能加々美麻の実副蚕糸青苧座節の旗麻子仁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android