(読み)カラムシ

  • ×苧/×枲/苧=麻
  • ×苧/枲=麻
  • むし
  • ムシ)
  • 苧 (カラムシ)
  • 苧 (カラムシ・オ

デジタル大辞泉の解説

イラクサ科の多年草。原野にみられ、高さ1~2メートル。茎は木質。葉は広卵形で先がとがり、裏面が白い。夏、淡緑色の小花を穂状につける。茎から繊維をとって織物にする。真麻(まお)。ちょま。 夏》
植物カラムシのこと。
「七夕に今日やかすらむ野辺ごとに乱れ織るなる―の衣も」〈右京大夫集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【タイマ(大麻)】より

…繊維は織物,ロープ,漁網などに使う。アサ(タイマ)を古くは〈苧(お)〉と呼んだが,皮をはいだ茎は苧殻(麻幹)(おがら)と呼び,お盆の迎え火,送り火をたくのに用い,供物に添える苧殻ばし(箸)とする。種子は苧実(おのみ)すなわち麻実で,薬味として使い,七味唐辛子に入れられている。…

※「苧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

苧の関連情報