コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼代 ガンダイ

3件 の用語解説(眼代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がん‐だい【眼代】

代官。本官の代理の職。鎌倉時代、主に武家で用いられた。→目代(もくだい)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がんだい【眼代】

鎌倉時代の武家の職名で,本官の代理の職すなわち代官をさす言葉として用いられた。多く守護代・地頭代の別称として用い,その耳目に代わる意から,国司の目代(もくだい)と区別するために眼代とよばれた。《武家名目抄》には〈眼代を目代といふに同しく人の耳目に代るのこころなり。……鎌倉殿の時には国司の代官を目代と称せし故にそれと名称のまきれん事をいとひて武家には代官の事を眼代とよはれしなり〉とあり,その由来が示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんだい【眼代】

鎌倉時代、代官のこと。一説に、国司の目代もくだいに対する武家代官の称ともいう。 → 目代

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眼代の関連情報