眼代(読み)ガンダイ

世界大百科事典 第2版の解説

がんだい【眼代】

鎌倉時代の武家の職名で,本官の代理の職すなわち代官をさす言葉として用いられた。多く守護代・地頭代の別称として用い,その耳目に代わる意から,国司目代(もくだい)と区別するために眼代とよばれた。《武家名目抄》には〈眼代を目代といふに同しく人の耳目に代るのこころなり。……鎌倉殿の時には国司の代官を目代と称せし故にそれと名称のまきれん事をいとひて武家には代官の事を眼代とよはれしなり〉とあり,その由来が示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がんだい【眼代】

鎌倉時代、代官のこと。一説に、国司の目代もくだいに対する武家代官の称ともいう。 → 目代

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android