(読み)ボク

  • むつ
  • むつび
  • むつまじ
  • むつまじ・い
  • むつみ
  • むつ・ぶ
  • むつ・む
  • むつ・る
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

常用漢字] [音]ボク(漢) [訓]むつむ むつぶ むつまじい
人々が仲よく寄り合う。仲よくする。「親睦和睦
[名のり]あつし・ちか・ちかし・とき・とも・のぶ・まこと・む・むつ・むつみ・よし・よしみ・りく
[難読]睦月(むつき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘語素〙 むつまじい、親しい、などの意を表わす。「むつぶ」「むつまし」などの形で用いられるほか、名詞と熟して用いられる。「むつごと」「むつたま」「すめむつ」など。
〘名〙 (動詞「むつぶ(睦)」の連用形の名詞化) 親しくなること。親しい交わりや感情。むつみ。親睦。
※書紀(720)皇極三年正月(岩崎本訓)「蘇我倉山田麻呂の長女を納れて妃(みめ)と為て、婚姻(むこしふと)の眤(ムツヒ)を成さむ」
(「ぶ」は接尾語)
[1] 〘自バ上二〙
① 親しくふるまう。仲よくする。むつまじくする。むつむ。
※書紀(720)顕宗即位前(図書寮本訓)「親族(うからやから)(ムツフル)ときは、民、仁(うつくしひのこころ)に興らむ」
② 特に、夫婦または恋人同士の男女が仲よくする。むつむ。
※源氏(1001‐14頃)横笛「御仲のむつびそめたる年月の程を」
[2] 〘自バ四〙 (一)に同じ。
※日蓮遺文‐崇峻天皇御書(1277)「常にむつばせ給へ」
〘形口〙 むつまじ 〘形シク〙 (古くは「むつまし」。動詞「むつむ(睦)」の形容詞化)
① 間柄、気持のつながり、交わりなどが、隔てなく親密である。親しい。
※書紀(720)推古二九年二月(図書寮本訓)「我、国異(あたしくに)と雖も、心、断金(ムツマシキ)に在り」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「この院のあづかりのこ、むつましくつかひ給ふわかきをのこ」
② 特に、夫婦または恋人同士の男女の仲がよい。愛情が濃密である。
※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「汝(いまし)、親(ムツマシク)(ムツマシ)と雖も、朕、眉輪王(まよわのおほきみ)を畏る」
③ (主として人以外の事物に関して) 心がひかれ、愛着を感じる。慕わしい。なつかしい。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「見し人の煙を雲と眺むればゆふへの空もむつましきかな」
むつまじ‐が・る
〘自ラ四〙
むつまじ‐げ
〘形動〙
むつまじ‐さ
〘名〙
〘名〙 (動詞「むつむ(睦)」の連用形の名詞化) むつむこと。また、その気持。むつび。
※俳諧・芭蕉桃青翁御正伝記(1841)貞徳翁十三回忌追善俳諧「とし玉をいたう又々申うけ〈蝉吟〉 師弟のむつみ長く久しき〈芭蕉〉」
〘自マ四〙 =むつぶ(睦)〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※唱歌・あふげば尊し(1884)「互にむつみし、日ごろの恩」
〘自ラ下二〙 親しんでまつわりつく。親しみなつく。むつぶ。
※観智院本三宝絵(984)上「此の師子の縁覚の聖の木の下に居たる時を見て、日日に来て喜びむつれて、経を誦み」
〘形シク〙 ⇒むつまじい(睦)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

睦の関連情報