コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚重平 いしづか じゅうへい

2件 の用語解説(石塚重平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚重平 いしづか-じゅうへい

1855-1907 明治時代の政治家。
安政2年10月10日生まれ。自由民権運動にくわわり,明治10年長野県小諸(こもろ)で盤鴻社(ばんこうしゃ)をおこす。18年大阪事件資金調達者として入獄。23年立憲自由党の幹事。27年衆議院議員(当選4回)。政友会創立に参加したが,36年伊藤博文総裁の専制に反対して除名された。明治40年8月12日死去。53歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石塚重平

没年:明治40.8.12(1907)
生年:安政2.10.10(1855.11.19)
明治期の政治家。信濃国(長野県)佐久郡小諸に生まれる。自由民権思想に共鳴し盤鴻社を設立,佐久地方の民権運動を指導,明治14(1881)年自由党の結成とともに入党した。18年11月大井憲太郎らの大阪事件に連座,軽禁固1年半,監視10カ月に処せられたが,22年2月憲法発布の大赦令で出獄。23年立憲自由党幹事,27年第4回総選挙で長野県から衆院議員に初当選,以後当選4回。36年4月伊藤博文政友会総裁の専制に反対して,板倉中,竜野周一郎,持田若佐と共に同会を除名された。

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚重平の関連キーワード大井政子勝山直久久保田与四郎小坂善之助佐久間安次(1)佐久間安長佐藤寅太郎早川権弥降旗元太郎矢島浦太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone