コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川善助 いしかわ ぜんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川善助 いしかわ-ぜんすけ

1901-1932 大正-昭和時代前期の詩人。
明治34年5月16日生まれ。昭和3年上京し,草野心平,逸見猶吉(へんみ-ゆうきち)らとまじわる。「日本詩人」「詩神」「新詩論」などに北方の風物を表現した詩を発表して注目される。昭和7年6月27日事故死。32歳。没後,随筆集「鴉射亭(あしやてい)随筆」,詩集亜寒帯」,「石川善助童謡集」などが刊行された。宮城県出身。仙台商業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川善助の関連キーワード清水宏[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄内閣総理大臣五所平之助マキノ雅広稲垣浩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android