コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川善助 いしかわ ぜんすけ

1件 の用語解説(石川善助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川善助 いしかわ-ぜんすけ

1901-1932 大正-昭和時代前期の詩人。
明治34年5月16日生まれ。昭和3年上京し,草野心平,逸見猶吉(へんみ-ゆうきち)らとまじわる。「日本詩人」「詩神」「新詩論」などに北方の風物を表現した詩を発表して注目される。昭和7年6月27日事故死。32歳。没後,随筆集「鴉射亭(あしやてい)随筆」,詩集「亜寒帯」,「石川善助童謡集」などが刊行された。宮城県出身。仙台商業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川善助の関連キーワード伊藤柏台楽弘入青木隆内田徳郎鹿島萩麿坂井大輔四方竜文(7代)諏訪兼紀中村要宮崎虎一

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone