コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川栄耀 いしかわ ひであき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川栄耀 いしかわ-ひであき

1893-1955 大正-昭和時代の都市工学者。
明治26年9月7日生まれ。大正9年内務省にはいり,名古屋市の都市計画にたずさわる。昭和18年東京都技師となり,戦後の首都圏開発につくす。23年建設局長。のち早大教授。日本都市計画学会会長。昭和30年9月25日死去。62歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「都市計画および国土計画」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわひであき【石川栄耀】

1893‐1955(明治26‐昭和30)
都市工学者。山形県出身。東大土木工学科卒。1920年都市計画法の施行と同時に都市計画愛知地方委員会技師となり,名古屋郊外の区画整理などを手がけた。のち東京に移り,第2次大戦の戦前,戦後を通じて東京の都市計画に大きな役割を果たした。戦後,生活圏をベースとした都市論,東京改造論を展開し,首都建設法(1950公布)の成立に尽力した。また,一貫して市民の交流・交歓の場を重視し,盛場と広場づくりを指導するなど独特なまちづくり活動をした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

石川栄耀の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android