石巻山(読み)イシマキサン

デジタル大辞泉の解説

いしまき‐さん【石巻山】

愛知県豊橋市東北部にある円錐(えんすい)形の山。標高358メートル。山頂は、石灰岩の天狗岩・雄岩・雌岩の三つの大きな岩塊からできている。周辺の石灰岩地帯植物群落は国の天然記念物に指定されている。中腹に石巻神社がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしまきさん【石巻山】

愛知県豊橋市東部にある山。標高358m。下部は秩父古生層の輝緑凝灰岩からなるが,山頂部は石灰岩からなり奇峰を呈する。石灰岩地植物群落(天)や嵩山(すせ)蛇穴(史)等学術的に貴重な自然資源を有する。式内社石巻神社がまつられ,東三河の霊峰として名高い。眺望がよく,石巻山多米(ため)県立自然公園の中心として観光開発も進んでいる。1966年多米峠のトンネル開通により浜名湖方面とも結ばれた。【井関 弘太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石巻山の関連情報