石巻山(読み)イシマキサン

デジタル大辞泉の解説

いしまき‐さん【石巻山】

愛知県豊橋市東北部にある円錐(えんすい)形の山。標高358メートル。山頂は、石灰岩の天狗岩・雄岩・雌岩の三つの大きな岩塊からできている。周辺の石灰岩地帯植物群落は国の天然記念物に指定されている。中腹に石巻神社がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしまきさん【石巻山】

愛知県豊橋市東部にある山。標高358m。下部は秩父古生層の輝緑凝灰岩からなるが,山頂部は石灰岩からなり奇峰を呈する。石灰岩地植物群落(天)や嵩山(すせ)蛇穴(史)等学術的に貴重な自然資源を有する。式内社石巻神社がまつられ,東三河の霊峰として名高い。眺望がよく,石巻山多米(ため)県立自然公園の中心として観光開発も進んでいる。1966年多米峠のトンネル開通により浜名湖方面とも結ばれた。【井関 弘太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石巻山の関連情報