コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油機関 セキユキカン

百科事典マイペディアの解説

石油機関【せきゆきかん】

灯油または軽油を燃料とする火花点火機関。本質的にはガソリンエンジンと同様であるが,排気による吸気加熱装置を設けて気化をよくするなど,燃料の特性上構造はやや異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せきゆきかん【石油機関】

軽油・灯油を燃料とする内燃機関。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石油機関
せきゆきかん

ガソリンより気化性の低い灯油、軽油を燃料とする内燃機関。気化器で燃料を霧状にし、加熱して気化させ、電気火花で点火する。初期にはガス機関に石油燃料を供給するものが開発された。霧状燃料を気化させるために吸気加熱が必要で、このため吸入混合気重量が減少し、圧縮比を低くするため出力、熱効率ともに低下する。しかし、燃料の引火性が低く安全なため、農業用、漁船用の小形機関として多く使用されている。ほとんどが四行程、単気筒機関で、10馬力程度である。始動を容易にし、吸気加熱を確実にするためガソリンと石油の二つのタンクをもち、始動をガソリンで行い、のちに石油に切り替える。吸気加熱は排気で行い、燃焼室内にも蒸発用の赤熱板をもつ。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例