コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石清水放生会 イワシミズホウジョウエ

デジタル大辞泉の解説

いわしみず‐ほうじょうえ〔いはしみづハウジヤウヱ〕【石清水放生会】

石清水八幡宮で毎年9月15日(もとは陰暦8月15日)に行われる祭り。宇佐八幡宮放生会にならったもの。魚や鳥を山川に放つのでこの名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわしみずほうじょうえ【石清水放生会】

石清水八幡宮で陰暦8月15日(現在は9月15日)に行われる法会。魚鳥を放し、天皇や将軍の幸福・天下泰平を祈願した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石清水放生会の言及

【石清水祭】より

…賀茂祭(葵(あおい)祭),春日祭とともに三大勅祭の一つ。古くは旧暦8月15日に行われ,明治まで石清水放生会(ほうじようえ)と称した。放生会の起源は《政事要略》によると,720年(養老4),隼人征討のとき隼人を殺した報いとして放生会を奉仕するようにとの宇佐八幡神の託宣により始められたと伝えられる。…

※「石清水放生会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石清水放生会の関連キーワード石清水八幡宮石清水祭法会魚鳥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android