コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石清水祭 いわしみずさい

3件 の用語解説(石清水祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石清水祭
いわしみずさい

京都府八幡市の男山山頂に鎮座する石清水八幡宮で,毎年 9月15日に行なわれている例祭。本来は石清水放生会といい,大分県宇佐市宇佐神宮で行なわれる放生会にならって,貞観5(863)年に始められたとされる旧暦 8月15日の祭りで,天暦2(948)年に勅使が奉幣する勅祭(→勅祭社)となり,賀茂祭(葵祭),春日祭とともに三大勅祭と並び称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いわしみずさい【石清水祭】

京都府八幡市の石清水八幡宮で毎年9月15日に行われる例大祭。賀茂祭(葵(あおい)祭),春日祭とともに三大勅祭の一つ。古くは旧暦8月15日に行われ,明治まで石清水放生会(ほうじようえ)と称した。放生会の起源は《政事要略》によると,720年(養老4),隼人征討のとき隼人を殺した報いとして放生会を奉仕するようにとの宇佐八幡神の託宣により始められたと伝えられる。石清水における放生会は,863年(貞観5)僧安宗により初めて行われ,948年(天暦2)勅祭となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いわしみずまつり【石清水祭】

石清水八幡宮で9月15日に行われる祭り。天慶の乱平定の臨時の祭りを起源とするという。未明に鳳輦ほうれんの渡御があり、奉幣の儀などのほか放生会ほうじようえが行われる。葵祭(賀茂祭)の北祭に対し、南祭と呼ばれた。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石清水祭の関連キーワード石清水放生会正八幡宮京都府八幡市八幡沢京都府八幡市八幡軸京都府八幡市八幡清水井京都府八幡市八幡土井京都府八幡市八幡馬場京都府八幡市八幡浜京都府八幡市八幡森京都府八幡市八幡山路

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石清水祭の関連情報