石火(読み)セッカ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐か〔セキクワ〕【石火】

火打ち石を打って出す火。きわめてわずかの時間、はかないこと、すばやい動作などのたとえに用いる。「電光石火
「兄の事や沙金(しゃきん)の事を、一度に―のごとく、思い浮かべた」〈芥川・偸盗〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっか【石火】

火打ち石を打つときに出る火。一瞬の間やきわめて速い動作のたとえ。 「電光-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐か セキクヮ【石火】

〘名〙
火打ち石を打って出す火。また、石や金属などが、はげしく触れ合っておこる火。いしのひ。
※菅家文草(900頃)五・和大使交字之作「欲浮生後会、先悲石火向風敲
※源平盛衰記(14C前)四五「根本中堂の常燈も、三燈は消にけり。大師手(てづから)(みづから)石火(セキク)を敲き出して、炬し給へる一燈は消へざりけり」 〔柳宗元‐韋道安詩〕
② (火打ち石を打って出す火は瞬間的に発するものであるところから) きわめて短い時間、はかないこと、非常にすばやい動作などをたとえていう語。石火の機。石火の光電光石火
※菅家文草(900頃)一一・奉太皇大后令旨、奉為太上天皇御周忌修法会願文「閃光飛、衆生誰非石火乎」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一九「石火(セキクヮ)の一拶に本来の面目に逢着せしむるの微意に外ならぬ」 〔新論‐惜時〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石火の関連情報