コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石火 セッカ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐か〔セキクワ〕【石火】

火打ち石を打って出す火。きわめてわずかの時間、はかないこと、すばやい動作などのたとえに用いる。「電光石火
「兄の事や沙金(しゃきん)の事を、一度に―のごとく、思い浮かべた」〈芥川・偸盗〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっか【石火】

火打ち石を打つときに出る火。一瞬の間やきわめて速い動作のたとえ。 「電光-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石火の関連キーワードニリー・ドーン ポーター長崎台場跡忍風戦隊ハリケンジャークワガライジャーウサイン ボルトカブトライジャー蝸牛角上の争い栗駒国定公園赤木 圭一郎爆発性火山火矢・火箭興国寺城跡バデレイ石白柳 秀湖三木茂太夫松浦 健郎江見 水蔭白柳秀湖石火の光電光石火

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石火の関連情報