コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石組(み) イシグミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石組
いわぐみ

庭園用語。「いしぐみ」ともいう。庭園のなかに、2個以上の自然石を組み合わせて造形構成したものをいう。この構成は大きく二つに分けることができ、一つは宗教および思想的石組、もう一つは景致の石組である。前者は、蓬莱(ほうらい)神仙などを表現する道教石組、須弥山(しゅみせん)や三尊石組などの仏教石組、磐座(いわくら)、盤境(いわさか)、主神、四神相応などの神道石組、また陰陽石など独自なものもある。景致のほうは、滝、流れ、護岸、築山(つきやま)、岩島、橋などに組まれる石組をいい、美の表現をする。[重森完途]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石組(み)の関連キーワード反応原理(火成岩成因論)アファナシェボ文化ファブリックの領域オリャンタイタンボマチュ・ピチュ輝石パーサイトタンボマチャイ旧芝離宮庭園旧円覚寺庭園コリカンチャ仲仙寺古墳群不動堂遺跡上白岩遺跡山王囲遺跡岡山後楽園上之宮遺跡糸崎の仏舞メンケ遺跡斑状組織朝日貝塚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android