コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石組(み) イシグミ

2件 の用語解説(石組(み)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いし‐ぐみ【石組(み)】

庭園に自然石を組み合わせて配置すること。また、その配置。石立て。石配り。いわぐみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石組
いわぐみ

庭園用語。「いしぐみ」ともいう。庭園のなかに、2個以上の自然石を組み合わせて造形構成したものをいう。この構成は大きく二つに分けることができ、一つは宗教および思想的石組、もう一つは景致の石組である。前者は、蓬莱(ほうらい)神仙などを表現する道教石組、須弥山(しゅみせん)や三尊石組などの仏教石組、磐座(いわくら)、盤境(いわさか)、主神、四神相応などの神道石組、また陰陽石など独自なものもある。景致のほうは、滝、流れ、護岸、築山(つきやま)、岩島、橋などに組まれる石組をいい、美の表現をする。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石組(み)の関連キーワードマッチング組物織る趺坐編組葉組補完治療寄木ポリシー・ミックス(Policy mix)Combined Major

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone