コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石組(み) イシグミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石組
いわぐみ

庭園用語。「いしぐみ」ともいう。庭園のなかに、2個以上の自然石を組み合わせて造形構成したものをいう。この構成は大きく二つに分けることができ、一つは宗教および思想的石組、もう一つは景致の石組である。前者は、蓬莱(ほうらい)神仙などを表現する道教石組、須弥山(しゅみせん)や三尊石組などの仏教石組、磐座(いわくら)、盤境(いわさか)、主神、四神相応などの神道石組、また陰陽石など独自なものもある。景致のほうは、滝、流れ、護岸、築山(つきやま)、岩島、橋などに組まれる石組をいい、美の表現をする。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石組(み)の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)反応原理(火成岩成因論)パナマ・ビエホ古代遺跡アファナシェボ文化ファブリックの領域オリャンタイタンボ輝石パーサイトタンボマチャイマチュ・ピチュ仲仙寺古墳群旧円覚寺庭園旧芝離宮庭園不動堂遺跡岡山後楽園糸崎の仏舞メンケ遺跡山王囲遺跡上之宮遺跡朝日貝塚縄文文化

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android