コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鎚神社 イシヅチジンジャ

3件 の用語解説(石鎚神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしづち‐じんじゃ【石鎚神社】

愛媛県西条市西田甲にある神社。祭神は石土毘古神(いしづちひこのかみ)。役小角(えんのおづの)の開山と伝え、石土蔵王権現(いしづちざおうごんげん)と称した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

石鎚神社

愛媛県西条市にある神社。創祀は不明。祭神は石鎚毘古神。日本七霊山のひとつ石鎚山を神体とし、本社、成就社(標高約1400m)、土小屋遥拝殿(標高約1500m)、頂上社(標高1982m)の4社からなる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鎚神社
いしづちじんじゃ

愛媛県西条(さいじょう)市西田甲に鎮座。石土古神(いしづちひこのかみ)を祀(まつ)る。石土古神は四国第一の高峰石鎚山の霊神である。創建年代不詳。平安初期に成立した『日本霊異記(にほんりょういき)』に石鎚神のことが記されているが、『延喜式(えんぎしき)』にはみられない。社伝では役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道(しゅげんどう)の道場として開いたといい、古くから石土蔵王権現(いしづちざおうごんげん)と称され、その別当寺に横峰寺(よこみねじ)、前神寺(まえがみじ)があり、古代、中世に栄えた。明治維新後、神仏分離して現社号とし、山上に頂上社、中腹に成就社(じょうじゅしゃ)、山裾(やますそ)に本社を設けており、毎年夏に登拝祈願する者が多い。例祭4月5日。旧県社。なお、本社を本部神社として、宗教法人石鎚本教が設置されている。石鎚本教は教会数92、布教所数82、教師数1664、信者数4万8179(『宗教年鑑』平成26年版)。[鎌田純一]
『石鎚神社奉賛会編・刊『石鎚神社一千三百年史』(1967)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石鎚神社の関連キーワード浅間神社吉備津神社白鬚神社住吉神社西条柾松陰神社名和神社黄金山神社都都古別神社焼津神社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石鎚神社の関連情報