コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鎚神社 イシヅチジンジャ

3件 の用語解説(石鎚神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしづち‐じんじゃ【石鎚神社】

愛媛県西条市西田甲にある神社。祭神は石土毘古神(いしづちひこのかみ)。役小角(えんのおづの)の開山と伝え、石土蔵王権現(いしづちざおうごんげん)と称した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鎚神社
いしづちじんじゃ

愛媛県西条(さいじょう)市西田甲に鎮座。石土古神(いしづちひこのかみ)を祀(まつ)る。石土古神は四国第一の高峰石鎚山の霊神である。創建年代不詳。平安初期に成立した『日本霊異記(にほんりょういき)』に石鎚神のことが記されているが、『延喜式(えんぎしき)』にはみられない。社伝では役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道(しゅげんどう)の道場として開いたといい、古くから石土蔵王権現(いしづちざおうごんげん)と称され、その別当寺に横峰寺(よこみねじ)、前神寺(まえがみじ)があり、古代、中世に栄えた。明治維新後、神仏分離して現社号とし、山上に頂上社、中腹に成就社(じょうじゅしゃ)、山裾(やますそ)に本社を設けており、毎年夏に登拝祈願する者が多い。例祭4月5日。旧県社。なお、本社を本部神社として、宗教法人石鎚本教が設置されている。石鎚本教は教会数92、布教所数82、教師数1664、信者数4万8179(『宗教年鑑』平成26年版)。[鎌田純一]
『石鎚神社奉賛会編・刊『石鎚神社一千三百年史』(1967)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石鎚神社の関連情報