コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲艦外交 ほうかんがいこう gunboat diplomacy

翻訳|gunboat diplomacy

3件 の用語解説(砲艦外交の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砲艦外交
ほうかんがいこう
gunboat diplomacy

軍艦の存在によって,相手国に政治的影響を及ぼそうという外交をいう。イギリスをはじめヨーロッパ諸国が海外に植民地を求めていた時代,あるいは,列国が中国の沿岸および揚子江に砲艦を行動させた 19世紀末より第2次世界大戦にいたる時代,砲艦外交が頻繁に展開された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうかん‐がいこう〔ハウカングワイカウ〕【砲艦外交】

海軍力を誇示することで、相手国に心理的圧力をかけ、交渉を有利に進めようとする外交戦略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうかんがいこう【砲艦外交】

武力を背景に展開する外交戦略。 〔もと、欧米列強が中国に対して砲艦を派遣して交渉を行なったことから〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砲艦外交の言及

【海軍】より

…米,ソ(現,ロシア連邦),中,仏,英の各核保有国はSLBM搭載の潜水艦(一部非核動力)を配備してきた。
[平時の機能]
 平時には,(1)航海,通商,漁業,在外居留民,在外権益などの保護,(2)遠隔の地に海軍を派遣し,海軍力のプレゼンス(顕示)により政治的影響力を行使するいわゆる砲艦外交などにたずさわる。(1)に関しては,主として自国の沿岸海域で,航海の安全,警備,救難,漁業保護,密輸取締りなどを任務とする沿岸警備隊を海軍組織とは別にもつ国がある。…

【外交】より

…力の強い側は弱い側に対してしばしばこのやり方を行使する。〈砲艦外交〉はその典型的なもので,第2次大戦前に列強は揚子江上に砲艦を遊弋(ゆうよく)させ,その武力のにらみで中国側の要求を押さえこみ,また自国の居留民や経済権益の保護をはかっていた。しかしこうなると,外交と軍事力行使は政策手段として紙一重となる。…

※「砲艦外交」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砲艦外交の関連キーワード地面効果艦上軍艦旗酸欠確定的影響確率的影響一時被毒被毒担体介在性膜輸送タンパク混濁

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砲艦外交の関連情報