硫化ニッケル(読み)りゅうかニッケル(英語表記)nickel sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかニッケル【硫化ニッケル nickel sulfide】

ニッケルと硫黄化合物の総称。
二硫化三ニッケル
 化学式Ni3S2。ニッケルの微細粉末を硫化水素気流中で190~280℃に加熱すると得られる。高温型(斜方晶系)と低温型の2変態がある。
[六硫化七ニッケル
 化学式Ni7S6。海綿状ニッケルと硫黄とを石英管中に真空封入後500℃で長時間加熱すると得られる。高温型(α)と低温型(β)の2変態がある。α形は斜方晶系で400~573℃で安定。
[硫化ニッケル(II)]
 化学式NiS。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android