コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化ニッケル りゅうかニッケルnickel sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかニッケル【硫化ニッケル nickel sulfide】

ニッケルと硫黄化合物の総称。
二硫化三ニッケル
 化学式Ni3S2。ニッケルの微細粉末を硫化水素気流中で190~280℃に加熱すると得られる。高温型(斜方晶系)と低温型の2変態がある。
[六硫化七ニッケル
 化学式Ni7S6。海綿状ニッケルと硫黄とを石英管中に真空封入後500℃で長時間加熱すると得られる。高温型(α)と低温型(β)の2変態がある。α形は斜方晶系で400~573℃で安定。
[硫化ニッケル(II)]
 化学式NiS。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

硫化ニッケルの関連キーワードイリジウム斜方晶系

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android