コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化モリブデン りゅうかモリブデン molybdenum sulfide

2件 の用語解説(硫化モリブデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化モリブデン
りゅうかモリブデン
molybdenum sulfide

(1) 硫化モリブデン (IV) ,二硫化モリブデン  MoS2 。最もよく知られている硫化物で,天然には輝水鉛鉱 (主要鉱石) として産出する。鉛灰色の光沢ある粉末。比重 5.06,融点 2375℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかモリブデン【硫化モリブデン molybdenum sulfide】

モリブデンと硫黄の化合物の総称で,確実なものとしてはモリブデンの酸化数III,IV,VIの化合物が知られており,Vの化合物も存在するとされている。MoS3に硫化水素を作用させて得られる黒色粉末MoS4はポリ硫化物Mo(S2)2であるとされている。
[硫化モリブデン(III)]
 化学式Mo2S3。モリブデンと硫黄をモル比2.06:3に混合し,真空中1300℃で60時間加熱してから急冷すると得られる。鋼灰色葉状晶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫化モリブデンの関連キーワードモリブデン鉛鉱モリブデン酸アンモニウム硫化アンチモンリンモリブデン酸モリブデン鋼硫化鉄パラモリブデン酸塩モリブデン鉱物モリブデン酸塩硫化スズ(硫化錫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫化モリブデンの関連情報