コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化モリブデン りゅうかモリブデンmolybdenum sulfide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化モリブデン
りゅうかモリブデン
molybdenum sulfide

(1) 硫化モリブデン (IV) ,二硫化モリブデン  MoS2 。最もよく知られている硫化物で,天然には輝水鉛鉱 (主要鉱石) として産出する。鉛灰色の光沢ある粉末。比重 5.06,融点 2375℃。 450℃で昇華を始める。水および希酸に不溶潤滑剤,水素添加触媒などに用いられる。
(2) 硫化モリブデン (III) ,三二硫化モリブデン  Mo2S3 。灰色葉状晶。希酸,希王水に不溶。比重 5.9。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかモリブデン【硫化モリブデン molybdenum sulfide】

モリブデンと硫黄の化合物の総称で,確実なものとしてはモリブデンの酸化数III,IV,VIの化合物が知られており,Vの化合物も存在するとされている。MoS3に硫化水素を作用させて得られる黒色粉末MoS4はポリ硫化物Mo(S2)2であるとされている。
[硫化モリブデン(III)]
 化学式Mo2S3。モリブデンと硫黄をモル比2.06:3に混合し,真空中1300℃で60時間加熱してから急冷すると得られる。鋼灰色葉状晶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硫化モリブデンの関連キーワードプラスチック軸受自己潤滑複合材エンジンオイル硫化物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硫化モリブデンの関連情報