コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会タイムス しゃかいタイムス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会タイムス
しゃかいタイムス

1950年代にあった進歩的な大衆日刊紙。創刊 51年3月1日。代表取締役兼編集局長が文芸評論家の青野季吉で,社会党の江田三郎が専務であったことからわかるように,総評 (日本労働組合総評議会) ,日本社会党,および進歩的文化人らが協力した異色の新聞。部数は3万前後であったが,営業活動の不振のため 53年6月廃刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいタイムス【社会タイムス】

1952年3月1日から54年5月31日まで発行された日刊紙。分裂後の社会党左派,労働組合員,文化人らによって組織された株式会社社会タイムス社の発行になり,主要株主は日教組,社会党,炭労全逓私鉄総連電産国労などであった。代表取締役編集局長に青野季吉,専務取締役に江田三郎,取締役に清水幾太郎,高野実らが就任した。サンフランシスコ講和条約成立後の大新聞の紙面構成の変質(平和主義的な主張の後退)のなかで〈平和・独立・自由を守りぬくたたかいの一翼に参加する〉を編集綱領としながら,機関紙ではなく一般大衆紙をめざし,新聞協会,共同通信にも加盟した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

社会タイムスの関連キーワード岡崎 三郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android