コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会タイムス しゃかいタイムス

2件 の用語解説(社会タイムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会タイムス
しゃかいタイムス

1950年代にあった進歩的な大衆日刊紙。創刊 51年3月1日。代表取締役兼編集局長が文芸評論家の青野季吉で,社会党江田三郎が専務であったことからわかるように,総評 (日本労働組合総評議会) ,日本社会党,および進歩的文化人らが協力した異色の新聞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいタイムス【社会タイムス】

1952年3月1日から54年5月31日まで発行された日刊紙。分裂後の社会党左派,労働組合員,文化人らによって組織された株式会社社会タイムス社の発行になり,主要株主日教組,社会党,炭労,全逓,私鉄総連,電産,国労などであった。代表取締役編集局長に青野季吉専務取締役江田三郎,取締役に清水幾太郎,高野実らが就任した。サンフランシスコ講和条約成立後の大新聞の紙面構成の変質(平和主義的な主張の後退)のなかで〈平和・独立・自由を守りぬくたたかいの一翼に参加する〉を編集綱領としながら,機関紙ではなく一般大衆紙をめざし,新聞協会,共同通信にも加盟した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

社会タイムスの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone