コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会法学 しゃかいほうがくSoziale Rechtswissenschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会法学
しゃかいほうがく
Soziale Rechtswissenschaft

オーストリアの法学者 A.メンガーなどの法曹社会主義者に現れている法学観。法の進歩によって社会全体の福祉を達成しようとするもの。この立場は,法の厳密な論理的解釈に重点をおく法解釈学と違って,社会理念をもって目的論的に法を解釈する傾向がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会法学
しゃかいほうがく

社会法に関する学問あるいは法社会学と同じ意味に理解されることもあるが、それと区別される場合には、アントン・メンガー、グスタフ・ラートブルフ、カール・レンナーなどによって代表されるところの、法学的方法を通して社会理想を実現しようとする法学傾向、ないし法に対する社会本位の立場を確立しようとする法学志向をさす。たとえばメンガーは、法律秩序一般を一個の国民の内部に歴史的に形成される権力諸係の体系とみなし、資本主義社会における私的所有と不労所得取得に対する法学的批判から進んで、労働全収権、生存権、労働権の確立を通して社会主義への移行を展望する、一種の法曹社会主義の理論を主張した。社会法学は伝統的な法解釈学との対比においては、後者の個人主義的・形式主義的傾向に対して反個人主義的・実質的であり、形式論理的方法に対しては目的論的方法を特色とする。[大江泰一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

社会法学の関連キーワードK. ディールオーストリア石崎 政一郎ディール磯村 哲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会法学の関連情報