コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的風土 しゃかいてきふうど social climate

2件 の用語解説(社会的風土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的風土
しゃかいてきふうど
social climate

集団生活を続けるなかで集団の成員間に生じる特有の雰囲気をさす。たとえば,友好的あるいは敵対的な心理関係などがそれである。社会的風土はその集団の成員の行動に大きな影響を及ぼす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会的風土
しゃかいてきふうど
social climate

社会や集団を構成する成員の間に観察される支配的な行動様式をいう。それは「家風」「校風」「社風」などのように、成員間の長期的な相互作用の結果形成される、特有な集団としての雰囲気とも考えられ、社会的雰囲気social atmosphereともよばれる。社会的風土がひとたび形成されると、それは成員たちの行動を規定し、枠づける強い作用をもつと考えられる。
 社会心理学者レビンらは、リーダーシップの型と成員の行動様式との関係に注目し、権威主義、民主主義、自由主義の体制が、異なった社会生活の風土をつくる事実を検証するため、実験的に「専制」「民主制」「放任制」の集団をつくり、成員たちの行動に及ぼす効果を調べた。その結果、専制に対する成員の反応は、不満―攻撃型と、無感動―服従型に分かれ、一般に集団本位の行動、モラールmoraleに問題が現れた。民主制では対照的に、友好的・信頼的行動が多く、モラールも高かった。これに対して放任制では、集団本位の活動はきわめて低い水準であった。また社会的風土の個人に及ぼす影響をみるために、2人の児童を専制の集団と民主制の集団へ、それぞれ所属性を変える実験を行った結果、8回目の会合から著しく集団の風土の影響を受けることが検証された。これらの研究結果はまた、集団生活の改善という実践的課題にも応用されている。[大塩俊介]
『K・レヴィン著、猪股佐登留訳『社会科学における場の理論』増補版(1979・誠信書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会的風土の関連キーワード社会意識集団凝集性生活共同体祖先崇拝父系制母系制集団学習グループダイナミックス信者食生態

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会的風土の関連情報