コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖国雑記 そこくざっきOtechestvennye zapiski

世界大百科事典 第2版の解説

そこくざっき【祖国雑記 Otechestvennye zapiski】

19世紀のロシアの月刊誌。《祖国の記録》とも訳す。同名の雑誌は2度出ており,最初の1820‐30年にはスビニインP.P.Svin’in編集・出版で,歴史的資料を多く掲載した。2度目の39‐84年刊のものが有名で,この間,同誌は2度の高揚を見せた。最初クラエフスキーA.A.Kraevskii(1810‐89)が編集・出版し,39年末から46年初めまでベリンスキーが批評を担当,西欧派の論客が多く執筆した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祖国雑記
そこくざっき
Отечественные записки Otechestvenne zapiski 

「祖国の記録」とも訳される帝政ロシアの月刊誌。第一期(1820~30)と第二期(1839~84)に分かれるが、第二期が重要。とくに1868年ネクラーソフが編集を引き受けてからは進歩派の拠点となって大きな社会的影響力をもった。すでに1840年代に自然派を称揚するベリンスキーを批評部門に擁し、西欧派が論陣を張り、レールモントフ、ツルゲーネフ、ドストエフスキーらの作家が作品を発表する大雑誌(部数8000)に成長。60年代以後は雑階級の作家にページを割き、ミハイロフスキーの加入(1877)もあって文学の社会的効用を重視するナロードニキ的傾向を強めたが、84年秘密結社とのかかわりを理由に発禁。[島田 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の祖国雑記の言及

【ベリンスキー】より

…スタンケービチのサークルでヘーゲル哲学を学び,一時期保守的な思想を抱き,現体制を擁護する論文を書いたこともあったが,ゲルツェンとの交遊を通じて,1840年の末には農奴制と専制と教会の批判者となった。以後は《祖国雑記》や《現代人》誌を中心に文壇を指導し,〈自然派〉と呼ばれる革新的文学グループを形成,ツルゲーネフやドストエフスキー等多くの作家を世に送りだした。厳しい検閲下のロシアにおいては,文学が思想を表現する唯一の場であったことから,彼は〈純粋芸術〉としての文学を拒否し,作家に高い社会的自覚を求めた。…

※「祖国雑記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

祖国雑記の関連キーワードネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)ニコライ・コンスタンチノヴィチ ミハイロフスキーサルティコフ・シチェドリンプレシチェーエフザーパドニキ現代の英雄ゴーゴリ島田

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android