コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以心伝心 いしんでんしん

5件 の用語解説(以心伝心の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

以心伝心
いしんでんしん

禅宗用語。元来は言葉などを媒介せずに悟りの内容をそのまま人に伝達すること。唐の禅僧,慧能に始る言葉。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしん‐でんしん【以心伝心】

仏語。仏法の奥義を、言葉や文字を借りず師の心から弟子の心に伝えること。主に禅宗で用いる。→不立文字(ふりゅうもんじ)
無言のうちに心が通じ合うこと。「以心伝心の間柄」
[補説]「意心伝心」と書くのは誤り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしんでんしん【以心伝心】

心をもって,心に伝えること。仏法の義が,師と弟子(資)との面面相対することによって,師の心から弟子の心に直接伝えられることをいう。釈尊は,霊鷲山(りようじゆせん)において,8万の大衆を前にして金波羅華をかかげ拈(ねん)じたが,それをみた大衆のうち摩訶迦葉(まかかしよう)ただ一人がその意を悟って破顔微笑し,摩訶迦葉は釈尊から正法を授受されたといわれ,そこに以心伝心のあったことが示されている。この故事を拈華微笑(ねんげみしよう)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしんでんしん【以心伝心】

〔六祖壇経「法即以心伝心、皆令自悟自解」〕 禅宗で、言葉では表せない仏法の神髄を無言のうちに弟子に伝えること。
考えていることが、言葉を使わないでも互いにわかること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

以心伝心
いしんでんしん

禅宗の用語で、ことばや文字を用いずに仏法の極意が師から弟子へと伝えられること。釈尊が霊鷲山(りょうじゅせん)で8万の大衆に向かい華(はな)を拈(ひね)ってみせたところ、弟子のなかで摩訶迦葉(まかかしょう)1人が釈尊の心を悟り微笑したという故事(拈華微笑(ねんげみしょう))に基づいている。これは、悟りの内容がそのまま師から弟子へと伝授されることを端的に示す寓話(ぐうわ)で、以心伝心の語は不立文字(ふりゅうもんじ)、教外別伝(きょうげべつでん)とともに、禅門の標語となった。転じて、説明不可能な微妙な事柄が相手に伝えられる意にも用いられる。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

以心伝心の関連キーワード預言恩貸心を以て心に伝う念仏三昧法力弘誓房伝灯法の力申送り持ってる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

以心伝心の関連情報