コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経ペプチド しんけいペプチドneuropeptide

翻訳|neuropeptide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経ペプチド
しんけいペプチド
neuropeptide

興奮の伝達あるいは抑制に作用する脳内物質ペプチドのこと。通常脳内には微量しか存在しない。蛋白質と同様アミノ酸が連なったものだが,さらに小さな分子である。 1975年に豚の脳から発見されたエンケファリンや快楽物質として有名なエンドルフィンはともに鎮痛作用をもっていて,モルヒネと同じように受容体に結合してオピオイドと呼ばれる。古くから知られているP物質も神経ペプチドの一種だが,腸管からも分泌する。また血圧上昇作用をもつアンギオテンシンは,脳以外の肝臓で分泌されて腎臓で完成されるにもかかわらず神経ホルモンに分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神経ペプチドの関連キーワードC型ナトリウム利尿ペプチドアルツハイマー型痴呆治療薬ニューロペプチドY石崎宏矩鈴木昭憲じんま疹神経細胞

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android