コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅助 ぜんじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅助 ぜんじょ

1247-1330 鎌倉時代の僧。
宝治(ほうじ)元年生まれ。中院通成(なかのいん-みちなり)の子。真言宗。仁和(にんな)寺の法助に師事。永仁(えいにん)2年から3度東寺長者をつとめる。徳治(とくじ)3年後宇多上皇に灌頂(かんじょう)をさずけ,最初の東寺座主(ざす)に任じられる。仁和寺神護寺の別当,後醍醐(ごだいご)天皇の護持僧もつとめた。元徳2年2月11日死去。84歳。通称は真光院大僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

禅助の関連キーワード寛性入道親王後宇多天皇鎌倉時代碧潭周皎道淵顕誉宝治

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android