丸山定夫(読み)まるやまさだお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸山定夫
まるやまさだお

[生]1901.5.31. 愛媛
[没]1945.8.16. 広島
新劇俳優。小説家志望から放浪の旅に出,青い鳥歌劇団に加わり巡業した。 1923年上京,寄席に出た。 24年創立の築地小劇場に第1回研究生として千田是也らと入所。『夜の宿』のルカ,『人形の家』のヘルメル,『国性爺合戦』の和藤内を好演。 29年築地分裂後,新築地劇団土方与志久保栄らと結成。 32年生活苦からエノケン一座に出演,その後 PCL (東宝) 専属となり多くの映画に出演。 33年新劇合同公演『五稜郭血書』で新劇に戻った。 42年薄田研二らと苦楽座を結成。移動演劇で広島公演中,原爆に倒れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まるやま‐さだお〔‐さだを〕【丸山定夫】

[1901~1945]新劇俳優。愛媛の生まれ。築地小劇場に加わったが、分裂後は新築地劇団に参加。のち、徳川夢声らと苦楽座を結成、移動演劇隊を率いて広島巡演中に原爆死した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

丸山定夫【まるやまさだお】

新劇俳優。愛媛県生れ。築地小劇場の研究生となり,分裂後は土方与志を中心に新築地劇団を結成,中心的俳優として活躍。一時浅草でエノケン榎本健一一座に加入,のち映画俳優。1942年徳川夢声らと苦楽座を結成,杉村春子と《無法松の一生》を共演した。広島を巡演中原爆の犠牲となり,死去。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山定夫 まるやま-さだお

1901-1945 昭和時代の俳優。
明治34年5月31日生まれ。築地(つきじ)小劇場の第1回研究生。昭和4年新築地劇団を結成。エノケン一座やPCL(のちの東宝映画)にも出演。17年苦楽座を結成,「無法松の一生」などで好演。妻は女優の細川ちか子。広島巡演中に被爆し,昭和20年8月16日死去。45歳。愛媛県出身。別名に福田良介。
【格言など】俳優であるまえに人間でなければならない(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まるやまさだお【丸山定夫】

1901‐45(明治34‐昭和20)
新劇俳優。松山市に生まれ,苦労して高等小学校を卒業。地方巡業のオペラ団に身を投じ,関東大震災後に上京,浅草オペラのコーラス部員となり,エノケン(榎本健一)と知り合った。1924年(大正13)開場の築地小劇場第1回研究生となり,小山内薫演出《どん底》のルカ役で早くも注目され,スター的存在となった。築地小劇場分裂後の29年(昭和4)土方与志(ひじかたよし),山本安英らと新築地劇団を結成した。しかし,妻で女優の細川ちか子(1905‐76)の結核療養費を得るため,一時エノケンに助けられて福田良介の芸名でエノケン一座に出演,のち同劇団に復帰して,社会主義的新劇の確立に尽くし,モリエール喜劇や三好十郎作品で好演した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まるやまさだお【丸山定夫】

1901~1945) 新劇俳優。愛媛県生まれ。築地小劇場を経て新築地劇団結成。のち苦楽座を結成、移動劇団桜隊を編成し広島巡演中に被爆し死去。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸山定夫
まるやまさだお
(1901―1945)

新劇俳優。愛媛県生まれ。銀行給仕などを経て青い鳥歌劇団に入り、1924年(大正13)創立の築地(つきじ)小劇場の研究生になる。第2回公演『狼(おおかみ)』で初舞台。奇行癖のある性格俳優として評価され、出演回数のもっとも多い俳優であった。29年(昭和4)土方与志(ひじかたよし)を擁し新築地劇団を結成、中心俳優として活躍。32年妻の女優細川ちか子の療養費捻出(ねんしゅつ)のため旧知のエノケン一座に福田良介(りょうすけ)の芸名で出演、話題をよぶ。のちPCLから東宝の専属になり、『妻よ薔薇(ばら)のやうに』(1935)、『兄いもうと』(1936)などの映画でも活躍、「新劇の団十郎」と評された。新築地劇団解散後、苦楽座を結成、その一部を苦楽座移動隊(のち桜隊)に編成し、広島巡演中に隊員9名とともに被爆し、昭和20年8月16日死去した。[祖父江昭二]
『丸山定夫遺稿集刊行委員会編『丸山定夫・役者の一生』(1970・ルポ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸山定夫の関連情報