精選版 日本国語大辞典 「禍」の意味・読み・例文・類語

クヮ【禍】

〘名〙 不幸をひきおこす出来事。わざわい。災厄。⇔
類聚国史‐一七三・凶年・天長九年(832)五月己酉「冝令五畿内七道諸国、十七箇日、転読経王、転禍為福」 〔淮南子‐人間訓〕

まが【禍】

〘名〙 (形動) (「曲がる」と同根) よくないこと。悪いこと。また、そのさま。わざわい。
古事記(712)上「八十禍(まが)津日神〈禍を訓みて摩賀(マガ)と云ふ。下は此に效ふ〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「禍」の意味・読み・例文・類語

か【禍】[漢字項目]

常用漢字] [音](クヮ)(漢) [訓]わざわい まが
思いがけない災難。「禍根禍福奇禍災禍惨禍水禍舌禍戦禍筆禍輪禍
難読禍事まがごと禍禍まがまがしい

まが【禍】

《「まが」と同語源》よくないこと。悪いこと。わざわい。
「その―を直さむとして」〈・上〉

か〔クワ〕【禍】

災い。ふしあわせ。「を転じて福となす」「交通」⇔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android