コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井洞穴 ふくいどうけつ

百科事典マイペディアの解説

福井洞穴【ふくいどうけつ】

長崎県吉井町(現・佐世保市)にある砂岩の小洞穴。1960年―1963年の発掘調査により旧石器時代から縄文(じょうもん)時代初頭に及ぶ七つの文化層が明らかになった。
→関連項目吉井[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくいどうけつ【福井洞穴】

長崎県北松浦郡吉井町福井にある旧石器時代から縄文・弥生時代に至る複合遺跡で,洞穴というより岩陰と呼ぶのが適当かもしれない。この岩陰は佐々川上流にある第三紀砂岩層が浸食により形成されたもので,現在は岩陰内部の地表面を削平して福井稲荷があり,削平当時多量の縄文・弥生時代の遺物が発見されている。ここに旧石器時代の遺跡が存在すると考え,最初の発掘が行われたのは1960年夏で,63年までの発掘も加え,3回にわたる調査が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ふくいどうけつ【福井洞穴】


福井洞窟(ふくいどうくつ)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の福井洞穴の言及

【旧石器時代】より

…約1万2000年前になると,北海道から中国,四国までの広範囲に有舌尖頭器文化が広がったが,九州には細石刃文化の伝統が残るとともに,土器の製作が開始される。長崎県福井洞穴第3層からは,細石刃と隆線文土器が伴出し,炭素14法による年代は1万2400±350年前を示した。これは今のところ世界最古の土器である。…

【泉福寺洞穴】より

…1970年から79年まで,佐世保市が麻生優に依頼して8次にわたる発掘調査を行った結果,最上層から土師器(はじき)や陶磁器が検出されたが,その下から順次,縄文時代晩期(黒川式),後期(鐘ヶ崎式),早期(押型文土器,条痕文土器),細石器を伴った草創期の爪形文土器,押引文土器が出土し,さらにその下から隆線文土器,最下層から豆粒文土器が検出された。従来,泉福寺洞穴の北7.5kmにある吉井町福井洞穴の第3層出土の隆線文土器が,草創期の最も古い土器であるとされ,その類が東日本にまで分布することが明らかにされてきたが,より古い土器として,豆粒状の小さな粘土塊を口縁とその外面下部にはり付けた豆粒文土器が,下層から検出された点が注目されている。【坪井 清足】。…

※「福井洞穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福井洞穴の関連キーワード吉井(長崎県)隆線文土器肥前国

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android