コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島慎太郎 フクシマシンタロウ

デジタル大辞泉の解説

ふくしま‐しんたろう〔‐シンタラウ〕【福島慎太郎】

[1907~1987]外交官・新聞人。東京の生まれ。東京帝大卒業後、外務省に勤務。総理大臣秘書官や内閣官房次長などを歴任。昭和24年(1949)プロ野球毎日オリオンズ(千葉ロッテ前身)球団社長。同26年パリーグの会長となり、日本プロフェッショナル野球協約制定に尽力。同41年共同通信社社長。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島慎太郎 ふくしま-しんたろう

1907-1987 昭和時代の外交官,新聞人。
明治40年1月15日生まれ。外務省にはいり海外勤務,戦後は幣原(しではら)内閣の首相秘書官,芦田(あしだ)内閣の内閣官房次長などをつとめる。昭和26年プロ野球のパリーグ会長,31年ジャパン-タイムズ社社長,41年共同通信社社長。昭和62年4月2日死去。80歳。平成12年野球殿堂入り。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福島慎太郎の関連キーワード昭和時代村田省蔵福島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android