秋分の日(読み)しゅうぶんのひ

百科事典マイペディアの解説

秋分の日【しゅうぶんのひ】

国民の祝日の一つ。秋分に当たり,祖先を敬い,故人をしのぶ趣旨で,1948年の制定。秋の彼岸の中日で,戦前の秋皇霊祭。国立天文台が毎年2月に翌年の秋分の日を官報で公表する。
→関連項目国民の祝日

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

秋分の日

毎年9月23日頃を秋分の日と言い「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。また秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づき閣議で来年の(秋分の日の)日にちが決定されます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうぶんのひ【秋分の日】

国民の祝日の一。秋分にあたる9月23日か24日。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日。もとの秋季皇霊祭。彼岸の中日。 [季] 秋。 〔実施日は、国立天文台が前年の二月に官報を通じて公表する〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋分の日
しゅうぶんのひ

「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」趣旨の国民の祝日。毎年9月23、24日ごろ。太陽が黄経180度の秋分点を通過する日で、真東から出、真西に沈む。昼夜の時間がほぼ等しく、二十四節気の一つ。秋の彼岸の中日にもあたる。宮中では秋季皇霊祭がこの日行われ、「国民の祝日に関する法律」施行(1948)以前は、秋季皇霊祭が国の祭日であった。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秋分の日の言及

【秋分】より

…太陽は黄経180゜の点で天の赤道をよぎり北半球から南半球に入る。その時刻を含む日が秋分の日という国民の祝日である。この日太陽は真東から出て真西に沈み昼夜の長さがほぼ等しくなる。…

【彼岸】より

…現行の彼岸行事が例外なく墓参,先祖供養またはこれと結びついた念仏会などを内容としている要因はここにある。1948年制定の〈国民の祝日に関する法律〉では,春分の日は〈自然をたたえ,生物をいつくしむ日〉,秋分の日は〈祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ日〉とされている。【伊藤 唯真】 彼岸は日本独自の暦注で,具注暦にはなく仮名暦にのみ記載された。…

※「秋分の日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋分の日の関連情報