コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山記行(読み)あきやまきこう

世界大百科事典 第2版の解説

あきやまきこう【秋山記行】

越後塩沢に生まれた鈴木牧之(ぼくし)の著。信越国境中津川沿いの,平家の落人村と伝えられる秋山郷紀行文で,十返舎一九の依頼により1828年(文政11)9月に秋山郷を探訪し,翌年には稿本が完成している。牧之は訪れた村々で,今日の民俗学のような調査を行い,1週間という短い日数にもかかわらず,方言,衣食住,生産,信仰,村人の社会経済関係などのほか,人々の動作や態度に及ぶまできめ細かな観察をしている。また,川漁,狩猟,焼畑,〈あんぎん〉という着衣など,この地に特徴的な生活もしるしており,同じ牧之の《北越雪譜》とともに民俗誌の先駆的業績として評価されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の秋山記行の言及

【秋山郷】より

…行政的には,長野県下水内郡栄村に属する切明(きりあけ),和山,上ノ原,屋敷,小赤沢の5集落,新潟県中魚沼郡津南町に属する大赤沢,中ノ平,前倉,上結東(かみけつとう),見倉,清水川原,逆巻(さかさまき),穴藤(けつとう)の8集落からなっている。鈴木牧之の《秋山記行》で著名である。伝承によると平家の落人集落であるというが,上州から野反湖経由で入った新田系の隠田百姓村だという説もあり,定かではない。…

※「秋山記行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android