秦蔵六(読み)はた ぞうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦蔵六 はた-ぞうろく

1823-1890 幕末-明治時代の鋳金家。
文政6年生まれ。蝋型(ろうがた)鋳造を得意とし中国古銅器模作で知られた。孝明天皇の銅印,将軍徳川慶喜(よしのぶ)の征夷(せいい)大将軍金印をつくり,明治6年には明治天皇御璽(ぎょじ),国璽を鋳造した。明治23年4月14日死去。68歳。山城(京都府)出身。初名米蔵代表作に「鼎形花瓶」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はたぞうろく【秦蔵六】

1823‐90(文政6‐明治23)
江戸末から明治にかけての鋳金家。山城国愛宕郡に生まれる。幼名米蔵。22歳のとき京都に出て2代竜文堂の弟子となり鋳造技術を学ぶ。23歳で師家を辞してもっぱら中国周漢時代の古銅器について撥蠟法を研究して,蠟型鋳造に秀でていた。また大和地方を巡歴し,古代の作品を観賞,和漢の古作品を研究した。孝明天皇の銅印,将軍徳川慶喜の〈征夷大将軍〉の黄金印を鋳造して名声をあげ,1873年宮内省の命により明治天皇の御璽(ぎよじ),国璽を鋳造してますます名声が高まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android