コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父三十三所 チチブサンジュウサンショ

デジタル大辞泉の解説

ちちぶ‐さんじゅうさんしょ〔‐サンジフサンシヨ〕【秩父三十三所】

秩父地方にある33か所の観音霊場。実際には34あり、西国(さいごく)坂東(ばんどう)の各三十三所と合わせて百観音とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちちぶさんじゅうさんしょ【秩父三十三所】

秩父地方にある三十三か所の観音の霊場。実際は、三十四か所あるが、西国さいごく三十三所・坂東ばんどう三十三所にならってこのようにいい、合わせて日本百観音とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父三十三所
ちちぶさんじゅうさんしょ

埼玉県秩父郡にある33か所の観音(かんのん)霊場。秩父三十三番ともいう。西国(さいごく)三十三所、坂東(ばんどう)三十三所に倣った観音霊場であるが、西国・坂東とあわせて日本百観音となるため1か寺を増やし、実際には34か所となった。その成立は室町時代で、当時秩父地方に勢力を伸ばしていたのが曹洞(そうとう)宗であったため、この宗派の寺が札所(ふだしょ)の過半数を占めている。32番法性(ほうしょう)寺には1488年(長享2)の札所番付が伝わっており、この番付には、1番定林(じょうりん)寺に始まり33番水込寺に至る33か所が記され、巡路も現行のものとは異なっている。のち1か所(2番真福(しんぷく)寺)が加えられたが、1536年(天文5)の納札に、西国、坂東、秩父百か所巡礼の記録があるところから、このころまでには秩父の札所は34か所になっていたことが知られる。
 江戸時代には、江戸からの巡礼が多くなり、また江戸市民の要望もあって出開帳(でがいちょう)が行われた。出開帳は、当初甲子(きのえね)の年に行われたが、江戸後期にはしばしば行われるようになった。1番札所の妙音寺から34番の水潜(すいせん)寺に至る34か所を巡れば約90キロメートル、徒歩で4泊5日ほどの行程である。[平井俊榮]
『『秩父札所の今昔』(1968・同書刊行会) ▽平幡良雄著『秩父三十四カ所』(1968・札所研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秩父三十三所の関連キーワード坂東三十三所秩父(市)坂東西国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android