坂東三十三所(読み)バンドウサンジュウサンショ

  • ばんどうさんじゅうさんしょ ‥サンジフサンショ
  • ばんどうさんじゅうさんしょ〔サンジフサンシヨ〕

世界大百科事典 第2版の解説

坂東三十三ヵ所観音霊場巡(順)礼ともいう。関東地方一円に広がる観音霊場を巡る巡礼コースで,西国三十三所の影響を受けてできたもの。後に,西国三十三所,秩父三十四所とともに日本百観音霊場を構成する。成立したのは鎌倉時代の初頭で,将軍源頼朝の観音信仰契機としたともいわれる。鎌倉時代にこの霊場を籠しながら巡礼したのは修行僧で,一般の人々が参加するのは14,15世紀のことである。足利市鑁阿(ばんな)には当時の巡礼札が納められ,武士庶民の名がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東地方にある33か所の観音(かんのん)霊場。当地方から西国(さいごく)三十三所を巡拝するのは容易でないため、鎌倉時代の初期に、信仰の便宜を図って坂東八か国に選定されたもの。その分布は、相模(さがみ)8、武蔵(むさし)6、上総(かずさ)3、下総(しもうさ)3、上野(こうずけ)2、下野(しもつけ)4、常陸(ひたち)6、安房(あわ)1である。

 将軍源頼朝(よりとも)の観音信仰は有名で、これが当地方に観音霊場が設けられるに至った一助ともいわれる。鎌倉時代には頼朝はじめ武士の参詣(さんけい)者が多かったが、江戸時代になると庶民の巡礼が盛んとなり、坂東三十三所に加えて、秩父(ちちぶ)三十三所(実際は三十四所)および西国三十三所を巡る百か所詣(まい)りも行われるようになった。

 札所の順路は、相模国鎌倉の第一番杉本寺に始まり、武蔵、上野、下野、常陸、下総、上総を経て安房の第33番那古(なこ)寺に至る。なかでも有名なのは第四番の長谷寺(はせでら)(鎌倉)、第13番の浅草寺(せんそうじ)(東京)、第18番の中禅寺(日光)である。鎌倉長谷寺の本尊十一面観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)は奈良の長谷寺と同木異体であると伝える巨大な木像である。

 浅草寺の本尊聖(しょう)観世音菩薩は浅草(あさくさ)観音として知られ、628年(推古天皇36)に檜前浜成(ひのくまはまなり)・竹成兄弟が宮戸川で漁労中、網にかかったものといわれる。中禅寺の本尊十一面千手(せんじゅ)観世音菩薩は、奈良時代の僧勝道上人(しょうにん)が中禅寺湖の湖上に現れた千手観音の姿を立ち木のままの桂(かつら)の木に急いで彫ったものという縁起をもち、立木(たちき)観音とよばれる。

[平井俊榮]

『清水谷孝尚著『坂東観音霊場記』(1972・金声堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

坂東(関東地方)における三三の観音霊場。西国三十三所に模したもの。神奈川県の杉本寺・岩殿寺・安養院・長谷寺・勝福寺・長谷寺(飯山観音)・光明寺・星谷寺・弘明寺、埼玉県の慈光寺・正法寺・安楽寺・慈恩寺、東京都の浅草寺、群馬県の長谷寺・水沢寺、栃木県の満願寺・中禅寺・大谷寺・西明寺、茨城県の日輪寺・佐竹寺・観世音寺(旧正福寺)・楽法寺・大御堂・清滝寺、千葉県の円福寺・龍正院・千葉寺・高蔵寺・笠森寺・清水寺・那古寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android