コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動性盲腸 イドウセイモウチョウ

デジタル大辞泉の解説

いどうせい‐もうちょう〔‐マウチヤウ〕【移動性盲腸】

盲腸がしっかり固定されておらず、腹腔内で上下左右に動く状態。右下腹部に鈍痛や膨満感がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

いどうせいもうちょう【移動性盲腸】

 生まれつき、盲腸や上行結腸(じょうこうけっちょう)が正常に固定されていないもので、妊娠や分娩(ぶんべん)を反復すると影響があるといわれていますが、正常な人にもおこります。20~30歳にもっとも多く、ついで11~20歳にみられます。ただし、特定の症状がないことも多く、疾患として扱うべきかどうかは定まっていません。
 腸内容の停滞(ていたい)、回盲部(かいもうぶ)の捻転(ねんてん)、自律神経機能の異常などが複雑にかかわり、疼痛(とうつう)、ガス停滞、便秘や下痢(げり)などがみられます。ときに発作性疝痛(ほっさせいせんつう)を訴えることもあります。虫垂炎と似た症状から手術されることも多いのですが、腹膜刺激症状はありません。
 腹部はやわらかく、右下腹部に膨満した盲腸を、動いて弾力のある腫瘤(しゅりゅう)として触れます。触れると、軽度の圧痛(あっつう)とグル音があります。右下腹部の圧痛点が仰臥位(ぎょうがい)(あおむけ)と左側臥位(さそくがい)で異なるのが特徴です。大腸(だいちょう)X線検査で確認できます。
 治療は、盲腸部のうっ滞(たい)(とどこおり)を避ける食事をとり、規則正しい排便の習慣をつけるようにします。便秘の調節も必要です。
 手術は対症的治療が無効な場合に行なわれますが、実施例はほとんどありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

いどうせいもうちょう【移動性盲腸】

通常、後腹膜に固定されている盲腸が生理的限界以上に移動性を示す状態。右下腹部の疼痛・便秘などの症状を起こす。虫垂炎と誤診されやすい。移動盲腸症。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

移動性盲腸の関連キーワード虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎後腹膜

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android