コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動通信 いどうつうしんmobile communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移動通信
いどうつうしん
mobile communication

持ち運べる通信機器を使ってコミュニケーションすること。モバイル通信。当初は,航空機船舶列車自動車など移動体との通信をさしたが,携帯電話など小型通信機器の普及で内容が変化した。使用する電波の帯域として,航空機,大洋航行の船舶など遠距離広範囲の通信には主として HF帯が,沿岸航行の船舶,列車,自動車など近距離通信には VHFUHF帯が多く用いられる。最近では国際航路の航空機,船舶に人工衛星を用いる移動通信が開発され,従来の HF帯に代わって UHFやマイクロ波帯が利用される機運にある。これまでは業務用など専用通信が多かったが,日本では 1994年4月に携帯電話市場の自由化が実施されて以降,一般向けの携帯電話が急増したほか,1995年7月には簡易型携帯電話 PHSサービスも開始され,急速に普及した。音声ばかりではなく,コンピュータや携帯電話でのモバイル情報通信も盛んになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

移動通信【いどうつうしん】

船舶,列車,自動車などの移動体同士あるいは移動体と固定基地局との通信で,電波による無線通信が一般的。以前は,タクシー無線やアマチュア無線などのようにトランシーバーによる1移動局同士あるいは1移動局と1基地局との通信が主であったが,その後,移動しながら継続して通話できるように多くの無線基地局を配置したアナログ方式の携帯電話が普及した。
→関連項目自動車電話3GUHF

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

移動通信の関連キーワードパナソニックモバイルコミュニケーションズ第五世代モバイルネットワーク第四世代モバイルネットワーク第三九世代移動通信システム第四世代移動通信システムキャリアアグリゲーション第五世代移動通信システムFOMAハイスピード国際電信電話株式会社ケイディーディーアイ中国移動通信[企業]LTEアドバンスト第三九世代携帯電話第三五世代携帯電話第四世代携帯電話国際海事衛星機構INMARSAT第三世代携帯電話3Gハイスピード第五世代携帯電話

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移動通信の関連情報