コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×稈】

稲・竹などの、中空になっている

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【稈】

竹・稲・麦・黍きびなどイネ科植物の茎に見られるような、節と節の間が中空の茎。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【イネ(稲)】より

…かつては禾本(かほん)科ともいった。 イネ科植物の大半は細長い葉と茎をもった一年生または多年生の草本であるが,タケ類には大型で太く,何年も生き続ける茎,つまり稈(かん)があり,同じ性質の稈をもったササ類とともに木本性のイネ科の一群となっている。茎は円柱形で節があり,節間は麦わらや竹稈のようにたいていは中空であるが,サトウキビモロコシの茎のように中実のものもある。…

※「稈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稈の関連キーワード倒伏細菌病(トウモロコシ)タマガヤツリ(球蚊帳吊)アズマネザサ(東根笹)腰折病(トウモロコシ)炭腐病(トウモロコシ)ミズハナビ(水花火)チヂミザサ(縮み笹)ホテイチク(布袋竹)ヤダケ(矢竹∥箭竹)ハネガヤ(羽茅)クロチク(黒竹)ホタルイ(蛍藺)リュウキュウチクフトイ(太藺)ヤダケ(矢竹)ネザサ(根笹)マチク(麻竹)トキワススキカンザンチククロイワザサ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稈の関連情報