コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツラ

デジタル大辞泉の解説

つら【×蔓】

つる(蔓)古名
「定めなくなるなる瓜の―見ても立ちやよりこむこまのすき者」〈拾遺・雑下〉

つる【×蔓】

植物の茎で、それ自体では立たず、長く伸びて他の物に巻きついたりよじ登ったりするもの。また、ブドウなどの巻きひげ。
眼鏡の耳にかける部分。
てがかり。てづる。
「なにか金の―を見つけたのかと」〈石川淳・普賢〉

まん【蔓】[漢字項目]

人名用漢字] [音]マン(呉) [訓]つる
のびて絡みつく草。つる草。「蔓生
はびこる。「蔓延(まんえん)
[難読]蔓延(はびこ)る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つら【蔓】

「つる(蔓)」の古形。 「まろき木に-つけし所所あるものをゆびさして/折たく柴の記」

つる【蔓】

植物の茎の一形。一般に細長く強靭で、木化したものでも柔軟であるが、自身では直立できない。 「朝顔の-」 → つる植物
手がかり。つて。また、かねづる。手づる。 「出世の-」 「まさかの時のいい-だ/歌舞伎・青砥稿」
眼鏡の耳にかける部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蔓 (カズラ・ツラ;ツル)

植物。蔓性植物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蔓の関連キーワード福井県今立郡池田町志津原シラーペルビアナ末佐支之加津良夜麻可都良加気真佐支之蔓縻左棄逗囉也末加津良まさかの時コイル発条朝顔人形阿末都良麻佐伎葛恵美久佐河野安信巻きひげ蔓亭鬼武比舸礙山葛蘿莫辟葛蔓蟻通

蔓の関連情報