芋蔓(読み)いもづる

精選版 日本国語大辞典の解説

いも‐づる【芋蔓】

〘名〙
① ヤマノイモ、またはサツマイモの蔓。
※寛和二年皇太后詮子瞿麦合(986)「洲浜(すはま)に籬(ませ)ゆひてなでしこ多く植ゑたり、その籬にはひたるいもづるの葉に」
② (薩摩国は日本のサツマイモの最初の産地であるところから) 明治時代の、旧薩摩藩の藩閥の異称。
③ 閥とか縁故とかをたよって出世すること。〔かくし言葉の字引(1929)〕
④ 薩摩新刀、新々刀に見られる刀剣の焼刃中の芋蔓状の沸(にえ)のかたまり。
⑤ 一つの事柄から関連する事柄を見つけ出す手がかり。また、一つの事柄と他の事柄を結びつける関係。
※パルタイ(1960)〈倉橋由美子〉「《進歩的文化人》のいもづるをたぐることを仕事とした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる