コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程潜 ていせん Cheng Qian

3件 の用語解説(程潜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程潜
ていせん
Cheng Qian

[生]光緒7(1881).湖南,醴陵
[没]1968
中国の軍人。光緒 34 (1908) 年日本の陸軍士官学校を卒業。辛亥革命後,湖南軍の幹部を経て,1920年広東軍政府陸軍部次長,23年孫文大本営軍政部長となり,北伐では第6軍軍長として参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

程潜 てい-せん

1881-1968 中国の軍人。
光緒7年生まれ。日本の陸軍士官学校卒業。1926年の北伐に第六軍軍長として従軍し,南京などを攻略した。湖南省主席,軍事委員会参謀総長などをつとめる。1949年反蒋介石(しょう-かいせき)側の国民党革命委員会に転じ,中華人民共和国政府成立後は人民革命軍事委員会副主席,国防委員会副主席などを歴任した。1968年4月9日死去。88歳。湖南省出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

程潜
ていせん / チョンチエン
(1881―?)

中国の軍人。湖南省の生まれ。1908年(明治41)日本の陸軍士官学校卒業、1923年広東(カントン)孫文大本営軍政部長に就任、1926年からの北伐には第六軍の軍長として参加、南京(ナンキン)などを攻略した。1928年湖南省主席、以後、軍事委員会委員などを歴任、戦後の内戦期には国民党革命委員会に入り、新中国に参加して、人民革命軍事委員会副主席、1954年全国人民代表大会湖南省代表、国防委員会副主席を務めた。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

程潜の関連キーワード張勲モルトケ劉伯承武官兵卒六軍煕洽秦徳純孫伝芳松山茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone