コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程潜 ていせんCheng Qian

3件 の用語解説(程潜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程潜
ていせん
Cheng Qian

[生]光緒7(1881).湖南,醴陵
[没]1968
中国の軍人。光緒 34 (1908) 年日本の陸軍士官学校を卒業。辛亥革命後,湖南軍の幹部を経て,1920年広東軍政府陸軍部次長,23年孫文大本営軍政部長となり,北伐では第6軍軍長として参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

程潜 てい-せん

1881-1968 中国の軍人。
光緒7年生まれ。日本の陸軍士官学校卒業。1926年の北伐に第六軍軍長として従軍し,南京などを攻略した。湖南省主席,軍事委員会参謀総長などをつとめる。1949年反蒋介石(しょう-かいせき)側の国民党革命委員会に転じ,中華人民共和国政府成立後は人民革命軍事委員会副主席,国防委員会副主席などを歴任した。1968年4月9日死去。88歳。湖南省出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

程潜
ていせん / チョンチエン
(1881―?)

中国の軍人。湖南省の生まれ。1908年(明治41)日本の陸軍士官学校卒業、1923年広東(カントン)孫文大本営軍政部長に就任、1926年からの北伐には第六軍の軍長として参加、南京(ナンキン)などを攻略した。1928年湖南省主席、以後、軍事委員会委員などを歴任、戦後の内戦期には国民党革命委員会に入り、新中国に参加して、人民革命軍事委員会副主席、1954年全国人民代表大会湖南省代表、国防委員会副主席を務めた。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

程潜の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクールホープムラヴィヨーフ選択変成作用

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone