コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種なし果実(種無果実) たねなしかじつ

1件 の用語解説(種なし果実(種無果実)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たねなしかじつ【種なし果実(種無果実)】

単為結果parthenocarpyによって生じた種子のない果実。一般に果実の発育は,種子の発育と相伴って進行するものであるが,種子が発育しないのに果実のみが発育する現象を単為結果または単為結実といい,種なし果実が生ずる。果実の発育に受粉の刺激は必要であるが,必ずしも種子の形成は必要でないことを示すもので,自然状態ではバナナパイナップルウンシュウミカン,カキなどにその例がみられる。人為的に種なし果実を作りだす方法には,交雑育種によるものと生長ホルモン処理によるものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

種なし果実(種無果実)の関連キーワード単為生殖縁生結果的結果論じゃによって人工単為生殖単為結実動機説不結果有性生殖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone