コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波崎 はさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波崎
はさき

茨城県南東部,神栖市南部を占める旧町域。利根川の河口北岸,鹿島灘に面し,千葉県に接する。 1928年町制。 1955年矢田部村,1956年若松村の一部をそれぞれ編入。 2005年神栖町に編入され,市制施行により神栖市となった。古くから沿岸漁業が盛んで,明治以降は鹿島灘のイワシ地引網漁業の一中心地として発達。近年は沖合・遠洋漁業の根拠地となり,水産物加工も盛ん。砂丘が多く,メロンやピーマンなどを産する。明治の中頃から漁業を営む船方の家の副業として発達した伝統産業の籐製品は有名。正月用切り花のセンリョウを特産。北部の若松地区は鹿島臨海工業地域の一部に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波崎
はさき

茨城県中東部、鹿島(かしま)郡にあった旧町名(波崎町(まち))。現在は神栖(かみす)市の南部を占める地域。旧波崎町は1928年(昭和3)町制施行。1955年矢田部(やたべ)村を、1956年若松村(大部分)を編入。2005年(平成17)同郡神栖町に編入(神栖町は市制施行、神栖市となった)。旧町域は鹿島灘(なだ)と利根(とね)川に挟まれた鹿島砂丘の沖積地で気候は温暖。国道124号が銚子(ちょうし)大橋を経て対岸千葉県銚子市に通じる。江戸時代は旗本領で新田の開発が多い。利根川河口の漁港は茨城県第一の漁獲量をあげ、1986年(昭和61)には太平洋側に新漁港が開港した。イワシ、サバ、アジ、サンマなどの沖合巻網漁やオキアミ、イカナゴ、シラスなどの沿岸漁業、利根川下流の内水面漁業、水産加工業が盛大。鹿島臨海工業地域の波崎工業団地があり、化学、薬品、食品、窯業、機械などの工業も発達した。農業では作付面積全国一のピーマンのほか、メロン、スイカなどの施設園芸が盛ん。正月用いけ花のセンリョウの特産地で、門松も栽培される。利根川沿岸は水郷筑波(つくば)国定公園に属する。神善寺に木造大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)などの県指定文化財がある。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

波崎の関連キーワード自然エネルギー市民ファンド海上・港湾・航空技術研究所須田官蔵(2代)須田官蔵(初代)茨城県神栖市波崎茨城県神栖市東(茨城県)山本 懸蔵神栖(市)神栖[市]稲妻雷五郎稲敷(市)波崎[町]鹿島砂丘鹿島幹寛銚子縮大釜崎鹿島浦ロラン息栖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波崎の関連情報