コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲敷 イナシキ

3件 の用語解説(稲敷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなしき【稲敷】

茨城県南部の市。霞ヶ浦利根川に挟まれた水郷地帯。平成17年(2005)3月に江戸崎町、新利根町、桜川村、東町が合併して成立。人口4.7万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いなしき【稲敷】

稲の藁わらが敷いてあること。また、その場所。転じて、田舎。 「 -やひなのかりねは目もあはで/北院御室御集」

いなしき【稲敷】

茨城県南東部の市。霞ヶ浦に臨み、干拓地には水田が広がる。カボチャ・レンコンを特産。釣りやバード-ウオッチングなどのレジャーが盛ん。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲敷の関連情報