穂肥(読み)ほごえ

大辞林 第三版の解説

ほごえ【穂肥】

稲の栽培で、穂が出はじめた登熟期に吸収しやすい窒素分を主体にした肥料を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほごえ【穂肥】

イネやムギ類のの発育に必要な栄養を補給する目的で,イネでは出穂の25日前ころ,ムギ類ではその40日前ころに施与される速効性の,主として窒素肥料を穂肥という。そのころは,幼穂と呼ばれる小さな穂が,茎の基に形成されている時期である。穂肥は穂の数や1本の穂に着生するもみの数を増加し,また葉の光合成能を高めて,もみの稔実を良好にするなどの効果がある。イネによる穂肥の吸収利用率は元肥より高く,施用された窒素の70~80%が吸収利用されることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂肥
ほごえ

や麦などの穂の発育をよくする目的で、穂の分化が始まる出穂(しゅっすい)前20~25日ごろに施される追肥(ついひ)のことをいう。一般には硫安、尿素などの速効性窒素肥料が単独で用いられるが、関東以西の暖地ではカリ(カリウム)が併用されることもある。施用量は、気象、地域、土壌条件、栽培品種などによってかなり違うが、窒素として10アール当り2~3キログラムが標準である。穂肥は水稲の根がもっともよく発達している時期に施されるために、吸収がよく増収効果も著しい。しかし窒素が十分でしかも出穂後の天候がよくない場合には倒伏の助長や登熟(稔(みの)り)の悪化、病害虫の誘発などにより減収と食味の低下を招く危険もある。冷地や極端に窒素天然供給量が多い場合を除いて、ほぼ全国的に施用されている。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の穂肥の言及

【追肥】より

…とくに暖地で,元肥を少なめにした場合や漏水田などで施される。(2)穂肥 イネの追肥では最も広く実施されるもので,出穂日より25日前ころの幼穂形成期に施用される。穂に着生するもみの数の増加,分げつの確保および止葉(とめば)の生長促進と稔実の向上などの効果が期待される。…

※「穂肥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android